上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 幾重にも重なった事柄が誰にもあって、それでも微笑ましいシーンはやって来る。

 今日、夏の終わりに初めて会ったルキくんと再会出来た。ヱヴァンくんと一緒に、ルキくんの本拠地海とのふれあい広場にて。

 まぁ、うちのクーは・・・
DSC_7495x.jpg
 相変わらず、孤高を標榜するばかりだったけれど。
 それでも、

gjk.jpg

 ともかく、いつものトモダチと新しいトモダチと、そして犬と・・・今日こうしてることが、できてることがかけがえのないことなんだろう。

 ねぇ、ルキくん。
スポンサーサイト

 このところ奥さん主導の道具が我が家のキャンプ現場を急速に侵食しております。
 その代表格であるリビングシェルに引き続き、フジカのストーブ(フジカ・ハイペット KSP-229-21C-J2R型)が。
 11月中旬、奥さんがフジカに直接連絡したところ、輸出の調整分を再調査したうえで連絡をくれるとのこと。で、11月末に「1台お渡しできます」との連絡が来たらしい。小ぶりなサイズなので、エクスプローラーのラゲッジスペースに大きな影響はない。

 当初予定していた蒜山地域が積雪30cmのうえ吹雪いているという情報が入ったため、急遽、行き先を淡路じゃのひれオートキャンプ場に変更。蒜山ほどではないにしても、ここの土曜日も、かなり気温は低く、サイト沿いに広がる福良湾からの寒風が吹き荒れていたので、リビングシェル+ハイペットの試験には最適だった。けれどそれは一般的にはキャンプなどする状況ではないわけで、管理人さんにも心配されながら、幕体を張るのは広々フリーサイトに我が家のみ・・・。クーさん的には芝の広いサイトを独り占めできるのでかなり奔放に遊びまわってた。

 小雪まじりの外気温1℃前後の夜、リビシェルの中でハイペットをフル稼働させてみたが、強風による強度の不安も感じず、結露もうっすら控えめで、あんまり暖かいんでビールが飲みたくて仕方なかった。(寒さを覚悟していたので今回は熱燗用日本酒のみ携行)
 こりゃ次回は半袖+ビールを試してみたい。

 ところで、このフジカ・ハイペット。各所で語られているように、暖房器具としての性能もさることながら、調理器具としてもなかなか使える。固定されず乗っけられてるだけの天板は、中央部分だけを外すことも出来る2ピース構造で、鍋釜に直接火をあてることが可能だ。ふと、燃料集約の一環を大義名分にした、ハイペット+ケロシンランタン+カセットコンロ(シングルガスバーナー)なリビシェル冬キャンプを空想してみたり・・・ケロシンランタンのかわりにGENTOS Explorer Professional(EX-777XP)あたりの強力な暖色LEDランタンがお手軽なんだろうけど(デザインには目を瞑って)。

 奥さんギアに急速に駆逐されつつあるわけだが、右上の写真は、僕が愛用してた、今ではリストラに怯える15年選手のミロのパーコレーター+PRIMUS P-2253A BRUNOシングルバーナーでのお燗風景。護るべき原風景の破片は今のところかろうじて存在しております。

 けれど、今のところ現役を死守しているドイツ軍ブランケットも、そのうちインディアン柄に変貌を遂げるかもしれない。

 ここ数年、この時期になると登場するコレ。
 ヘクセンハウスっていうらしく、奥さんが犬ともだちと建築(作成)しております。

 『魔女の家』という意味の、グリム童話『ヘンゼルとグレーテル』に出てくる『お菓子の家』で、ドイツ、スイスなんかでクリスマスを彩るものだって。

 ジャンクなスナック菓子を建材に使用するあたりがジャパニーズテイストでよろし。
| HOME |

●プロフィール

nov

Author:nov
フラットコーテッド・レトリーバーのqueue(クー)にまつわる話と、脈絡のないモノ・コトの話をだらだらと。

●FC2カウンター

●メールはコチラへ

名前:
メール:
件名:
本文:

●最近の記事

●最近のコメント

●最近のトラックバック

●月別アーカイブ

●カテゴリー

●リンク

●Special Thanks

●Flatcoated Retriever Society of Japan

●友達申請フォーム

この人とブロともになる

●ブログ内検索

●RSSフィード



(c) nostrings & happy days
design by Echizen
photo by nov
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。