上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC_0965.jpg

 スキーでもボードでも、白線流しでもなく、ただ犬と雪中戯れをするためだけに、先週末、長野県車山高原へ。
 ちょうどいいタイミングでかなりまとまった雪が降ってくれたおかげで、足跡一つ無い、まさに未使用のパウダースノーの世界が広がって、それも気温が-10℃前後のせいか、溶けない。

 車山はわが家から近くはないのだが、乗り物に乗るならタイヤは2つ、やむなく4輪に乗る場合は地上高を可能な限り低く、な時期から考えると、ほんとに遠くに来た。犬に連れられて。それも自分ちの一頭だけでない事実が、なお感慨深かったりする。

koi.jpg

 モデルの数が多すぎて、買うべきスノーシューの選択が出来なかったため、今回、お世話になったペンションが貸し出してくれたプラスチック・スノーシューの代表格フランスTSL社製のものを使わせてもらった。トラクションよりも浮力重視っぽいこのスノーシューはこの場にマッチしており、使いやすかった。それでも、新雪で踏み固められていないフィールドでの先頭者の負担は相当なものだが、もっぱらくららパパが担当。タフガイのくららパをもってしても、いい運動というレベルは明らかに超えていた、はず。
 しかし、スノーシューってやっぱり便利だ。無けりゃ一歩進むのにどれだけ時間がかかるか分からない。というよりも歩行不能だ。そこを平気で泳ぎ歩く犬もまた凄いけれど。

koii.jpg

 標高1500m前後で雪を泳ぐ、パウダースノー・ガールズのくらら(左)とぷらむ(右)。水とはまた違った犬の表情を引き出す雪って何なんだろう。
 なんてことを考えていることに気付いたとき、また遠くへ来た実感がふんわり身体を包んだりした。

スポンサーサイト

comment

ブログ管理人のみ

trackback

trackback_url

http://nostringstar.blog96.fc2.com/tb.php/13-da55b6fa
| HOME |

●プロフィール

nov

Author:nov
フラットコーテッド・レトリーバーのqueue(クー)にまつわる話と、脈絡のないモノ・コトの話をだらだらと。

●FC2カウンター

●メールはコチラへ

名前:
メール:
件名:
本文:

●最近の記事

●最近のコメント

●最近のトラックバック

●月別アーカイブ

●カテゴリー

●リンク

●Special Thanks

●Flatcoated Retriever Society of Japan

●友達申請フォーム

この人とブロともになる

●ブログ内検索

●RSSフィード



(c) nostrings & happy days
design by Echizen
photo by nov
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。