上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 花王は全国の獣医師が所属する多摩獣医臨床研究会などと共同で犬の肥満と疾病に関する調査結果をまとめた。

 それによると体脂肪率が35%を超える犬は、30%未満の犬に比べ歩行障害などの一部疾病にかかるリスクが約2倍になることが分かった。歩行障害のほか、犬の疾病として一般的な真菌性外耳道炎や皮膚の化膿(かのう)症などのリスク上昇も確認した。研究結果は今後犬用のヘルスケア製品の開発などに生かす。

 研究によると体脂肪率35%以上の犬は、30%未満の犬に比べ足を引きずって歩く「跛行(はこう)」になるリスクが2.5倍だった。同様に耳あかで繁殖するカビなどが原因で起きる外耳道炎は2.4倍、皮膚の抵抗力が落ちて化膿する「膿皮(のうひ)症」は1.8倍になった。

 2007年4月からの1年間に多摩獣医臨床研究会に所属する国内22の動物病院に来院した4005匹を調べた。肥満とされる体脂肪率は犬種などによって異なるが、35%以上は一般的に肥満と認定できる水準という。
スポンサーサイト

comment

ブログ管理人のみ
*1156
なんとなく、そうかなぁ。と思っていることを数字で示されると、、納得してしまいますーー。
ウチのアニーも渡米時32キロ→一時期37キロとさせてしまったことがあって、、、。
手作り食(いい加減だけど!)に変えたら、、この前の検診で31キロになっていました。。。
体重、、、気をつけてあげたいです。
良い情報をありがとうございますー。
- 03.28.2009 00:55
*1157
★KJさん

日経情報ですけれど、『研究結果は今後犬用のヘルスケア製品の開発などに生かす』が重要なようでして、ペットビジネスはまだまだ加速中なのかもしれません。

できればヘルスケア製品に頼るよりも、日常の普通の健康管理が大切なんでしょうねぇ。
- 03.29.2009 12:16

trackback

trackback_url

http://nostringstar.blog96.fc2.com/tb.php/52-98992c09
| HOME |

●プロフィール

nov

Author:nov
フラットコーテッド・レトリーバーのqueue(クー)にまつわる話と、脈絡のないモノ・コトの話をだらだらと。

●FC2カウンター

●メールはコチラへ

名前:
メール:
件名:
本文:

●最近の記事

●最近のコメント

●最近のトラックバック

●月別アーカイブ

●カテゴリー

●リンク

●Special Thanks

●Flatcoated Retriever Society of Japan

●友達申請フォーム

この人とブロともになる

●ブログ内検索

●RSSフィード



(c) nostrings & happy days
design by Echizen
photo by nov
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。